Windowsサービス サービス制御 イベントログ

Windowsサービス : 2009.10.15 Thursday

Windowsサービス・サービス制御

Windowsサービスは「サービス制御マネージャ」により管理され、Windowsサービスで何らかの問題が発生した場合などには、「イベントログ」にイベントを書き出すことで、システム管理者に情報を提供します。

サービス制御マネージャ(サービスコントロールマネージャ、SCM)は、Windowsサービス管理の中核となる Windows 標準のユーティリティです。サービス制御マネージャには、コントロールパネルの管理ツールのサービスアプレットからアクセスできます。

サービス制御マネージャは、Windowsサービスに関する各種の処理をおこないます。サービス制御マネージャの実体は、「SERVICES.EXE」という名前で、Windowsシステム起動時に自動的に起動され、各種Windowsサービスの自動開始をおこないます。また、Windowsサービスをインストールする際も、サービス制御マネージャが介在し、Windowsサービスに関する情報を、レジストリ(HKEY_LOCALMACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services 以下)に保存します。

サービス制御マネージャの主な役割は、以下のとおりです。
・Windowsサービスのインストール/アンインストール
・サービスアプレットなどから要求を受け付け、該当のWindowsサービスに送信
・スタートアップの種類が自動開始のWindowsサービスを、OS起動時に開始
・インストール済みのWindowsサービスをレジストリで管理
・動作中のWindowsサービスの状態をレジストリで管理




【最近の投稿記事】



技術情報
SNMP |  Windowsサービス |  コンパネと管理ツール |  バッチファイル | 
Vista UAC無効化 |  Windows 7 UAC |  .NET Framework |  Webブラウザのリサイズ | 
SQL Server Express 管理 |  ダウンロードファイルのブロック解除 |  Windows Server サポート終了日 | 
Windows 8 フォト→ペイント |  Excelスクロールがおかしい !? |  ダウンロードフォルダ変更

コラム
プログラマ |  資格の王様 |  迷惑メール |  メール消失 |  情処の変遷 |  Webユーザビリティ