Windows レジストリ変更をバッチファイルで

バッチファイル : 2009.10.15 Thursday

レジストリ変更をバッチファイルで

レジストリの変更というと Windows自体の動作にまで影響する可能性があり びびってしまうのですが (^-^;

システム管理者が どんな時にレジストリ変更をするかと言えば、例えば Windows XP SP2で ローカルポリシーの既定値が厳しいため ファイル共有などができない・・・なんてケースですね。
ローカルポリシーの設定は レジストリにあるので それをちょっといじれば GUIでローカルポリシーを変更するのと同じことができるんですよ。

既定では リモートからアクセスされた場合に Guestアカウントにアサインして 動作するような設定(値=0)になっているんですが これを従来のWindowsのように 指定されたアカウントで動作(値=1)に変えましょうっと。

レジストリ位置:
[HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Lsa]
キー:forceguest
タイプ:dword
値:00000001


手順はこんな感じ。
1) レジストリエディタ(regedit.exe)で レジストリ位置まで移動して
2) 右クリック して [エクスポート]ってやると
3) その位置のレジストリがファイル(例: SetRegs.reg)に出力されます。
4) そのファイル(例: SetRegs.reg)を メモ帳などのテキストエディタで開き
5) 値を 00000000 から 00000001に変更して 保存。


バッチファイルから 1)〜5)で作成したファイル(例: SetRegs.reg)をレジストリに結合するには
REGEDIT SetRegs.reg
ってやります。
ただし 確認のポップアップが2回ほど表示されちゃいますが(^-^;



【最近の投稿記事】



技術情報
SNMP |  Windowsサービス |  コンパネと管理ツール |  バッチファイル | 
Vista UAC無効化 |  Windows 7 UAC |  .NET Framework |  Webブラウザのリサイズ | 
SQL Server Express 管理 |  ダウンロードファイルのブロック解除 |  Windows Server サポート終了日 | 
Windows 8 フォト→ペイント |  Excelスクロールがおかしい !? |  ダウンロードフォルダ変更

コラム
プログラマ |  資格の王様 |  迷惑メール |  メール消失 |  情処の変遷 |  Webユーザビリティ