プログラマのプロとアマ - プログラマを考察シリーズ

プログラマ : 2009.10.15 Thursday
プログラマ メニュー

(紹介)   プログラマって? |  はじめまして |  誤解されがち
(種類)   転職 |  分類 |  プロ/アマ
(特徴)   言葉 |  美学 |  プロ意識 |  擬人化 |  用語 |  理論
(能力)   学歴 |  あせり |  スキル差 |  仕事の集中
(適性)   適正


プログラマのプロとアマ

プロフェッショナル(プロ)とアマチュア(アマ)の違いはどこにあるのでしょうか?

お金を稼いでいればプロ? 稼いでなければアマ? この定義だと、職業プログラマやシェアウェア作家はプロ、フリーソフト作家はアマとなってしまいます。また、職業プログラマがすべてプロであるか疑問が残ります。

プログラマのプロ・アマを見分ける、私の個人的な意見としては・・・まず、「プログラムを動かして見ること」から始まります。画面が派手で統一感がなく、操作方法が解りにくい場合は、アマです(断言(笑)) 逆にシックな画面で、他の市販プログラムと同じような操作性で、使用する人にとって便利な機能や説明が施されていればプロです。シックな画面は、長時間プログラムを動作させるであろう使用者の視力までも操作性の一部として考慮されているからです。また、日本語環境で動作するプログラムの場合、画面上で左上から右下に向けた操作の流れとなっていれば、かなり操作性を考えてくれているといえるでしょう。

次に「プログラムソースを見ること」で、プロ・アマの違いがはっきりとわかります。プログラム全体の流れ、適切なエラー処理、適切かつ適量なコメント、アルゴリズムの合理性、データ構造のわかりやすさ、メンテナンスの容易性などなど、プロの作ったプログラムは、そのプログラムが他者によってもメンテナンスが可能で、長い寿命を持つであろうことがわかります。一方アマの作品は、「動けばいい」「とりあえず」といった感じがします。それもある意味正しい場合もあるのですが (^-^;

プログラマ メニュー

(紹介)   プログラマって? |  はじめまして |  誤解されがち
(種類)   転職 |  分類 |  プロ/アマ
(特徴)   言葉 |  美学 |  プロ意識 |  擬人化 |  用語 |  理論
(能力)   学歴 |  あせり |  スキル差 |  仕事の集中
(適性)   適正



【最近の投稿記事】



技術情報
SNMP |  Windowsサービス |  コンパネと管理ツール |  バッチファイル | 
Vista UAC無効化 |  Windows 7 UAC |  .NET Framework |  Webブラウザのリサイズ | 
SQL Server Express 管理 |  ダウンロードファイルのブロック解除 |  Windows Server サポート終了日 | 
Windows 8 フォト→ペイント |  Excelスクロールがおかしい !? |  ダウンロードフォルダ変更

コラム
プログラマ |  資格の王様 |  迷惑メール |  メール消失 |  情処の変遷 |  Webユーザビリティ