プログラマの理論 - プログラマを考察シリーズ

プログラマ : 2009.10.15 Thursday
プログラマ メニュー

(紹介)   プログラマって? |  はじめまして |  誤解されがち
(種類)   転職 |  分類 |  プロ/アマ
(特徴)   言葉 |  美学 |  プロ意識 |  擬人化 |  用語 |  理論
(能力)   学歴 |  あせり |  スキル差 |  仕事の集中
(適性)   適正


プログラマの理論

コンピュータ業界に入ってすぐの頃、プログラマの先輩に教えていただいた、ありがたいお言葉を紹介したい・・・

  「論よりRUN」

論より証拠のもじりなのではあるが、意味としては能書きをあれこれと考えているよりは、RUNつまりプログラムを実行してみれば、動くかどぉかはすぐわかるという、とても的を得た言葉だ。

ある会社の面接で、突然プログラミングのテストを受けた。言い訳するのは嫌なのだが・・・久しぶりのUNIX環境で久しぶりのC言語だったのと、風邪で38度ほど熱があったので1時間の制限時間内では、80%くらいしか完成しなかった。

そのテスト後に、面接の担当者に聞かれた。
  「自分で、今回のプログラムを採点すると何点ですか?」
  『0点です。』
  「えっ!? なぜ?」
  『プログラムは動かなければ、いくら美しくプログラム
   されていても意味がありません。動いた上で、正常/異常の
   判断や、ユーザーの操作性、プログラム構造などで点が
   プラスされるだけです。』
  「はぁ〜、厳しいんですね。」
  『えぇ、プロですから・・・動きませんでしたが (^-^; 』

理論を語って、決めるとこは決めて・・・そして落とす。エンタテイメント(というよりは「笑い」?)の基本です。

プログラマ メニュー

(紹介)   プログラマって? |  はじめまして |  誤解されがち
(種類)   転職 |  分類 |  プロ/アマ
(特徴)   言葉 |  美学 |  プロ意識 |  擬人化 |  用語 |  理論
(能力)   学歴 |  あせり |  スキル差 |  仕事の集中
(適性)   適正



【最近の投稿記事】



技術情報
SNMP |  Windowsサービス |  コンパネと管理ツール |  バッチファイル | 
Vista UAC無効化 |  Windows 7 UAC |  .NET Framework |  Webブラウザのリサイズ | 
SQL Server Express 管理 |  ダウンロードファイルのブロック解除 |  Windows Server サポート終了日 | 
Windows 8 フォト→ペイント |  Excelスクロールがおかしい !? |  ダウンロードフォルダ変更

コラム
プログラマ |  資格の王様 |  迷惑メール |  メール消失 |  情処の変遷 |  Webユーザビリティ