SQL Server Expressのアタッチ・デタッチ - SQL Server Express 管理

SQL Server Express管理 : 2011.08.11 Thursday
SQL Server 2008 Express データベース管理 メニュー
管理ツール |  ログイン |  バックアップ(手動) |  バックアップ(自動) |  アタッチ・デタッチ

SQL Serverが実行されているときは 物理的なデータベースファイルのコピーなどができません。
そんな時は デタッチ・アタッチすれば エクスプローラで ファイルコピーできます。

デタッチは 以下の手順でおこないます。
・Management Studioのオブジェクトエクスプローラで [データベース]を開く
・デタッチするデータベースを右クリックして、[タスク]、[デタッチ]をクリック
・データベースのデタッチ画面で、[OK]をクリック


デタッチが完了すると Management Studioのオブジェクトエクスプローラ [データベース]から デタッチしたデータベースがいなくなります。
この状態で エクスプローラなどで データベースファイル(例:C:¥Program Files¥Microsoft SQL Server¥MSSQL10.SQLEXPRESS¥MSSQL¥DATA¥TESTDB.mdf)がコピーできます。

ちなみに データベースファイルは (データベース名).mdf というファイルで、トランザクションログファイルは (データベース名)_log.ldfというファイルです。

コピーなどの作業が終わったら アタッチします。
アタッチは 以下の手順でおこないます。
・Management Studioのオブジェクトエクスプローラで [データベース]を開く
・[データベース]を右クリックして、[タスク]、[アタッチ]をクリック
・データベースのアタッチ画面で、[追加]をクリックして データベースファイル(*.mdf)を選択し、[OK]をクリック

アタッチが完了すると Management Studioのオブジェクトエクスプローラ [データベース]に アタッチしたデータベースが表示されます。

SQL Server 2008 Express データベース管理 メニュー
管理ツール |  ログイン |  バックアップ(手動) |  バックアップ(自動) |  アタッチ・デタッチ




技術情報
SNMP |  Windowsサービス |  コンパネと管理ツール |  バッチファイル | 
Vista UAC無効化 |  Windows 7 UAC |  .NET Framework |  Webブラウザのリサイズ | 
SQL Server Express 管理 |  ダウンロードファイルのブロック解除 |  Windows Server サポート終了日 | 
Windows 8 フォト→ペイント |  Excelスクロールがおかしい !? |  ダウンロードフォルダ変更

コラム
プログラマ |  資格の王様 |  迷惑メール |  メール消失 |  情処の変遷 |  Webユーザビリティ