MIB(管理情報ベース)の概要 - SNMPシリーズ

SNMP : 2009.10.15 Thursday

MIB (Management Information Base)の概要

これまでの説明で、狭義のSNMPであるプロトコルについての説明は終わり、ここからはSNMPのデータ構造(MIB,OID)について説明します。


MIB(Management Information Base)とは

SNMPではMIB(Management Information Base:管理情報ベース)と呼ばれるデータ構造を使用します。MIBを改良・拡張した MIB-II、RMON、RMON2という管理情報ベースもあります。

ネットワーク上に存在するネットワーク機器の情報は MIB として、ネットワーク機器(= SNMPエージェント)ごとに管理されます。MIBには様々な情報が「オブジェクト」として格納されていて、オブジェクトには「タイプ」「値」が存在します。SNMPエージェントは、MIB内のオブジェクト(タイプ、値)を管理し、SNMPマネージャからの要求に応じて、それらの情報を提供したり(Get)、更新したり(Set)しています。

MIBのオブジェクトは、階層的に定義されていて、一般には「MIBツリー」と呼ばれています。RFC1156で定義されるMIBには、114種類のオブジェクトがあります。


OID(Object IDentifier) とは

MIB は複数のオブジェクトで構成されますが、それぞれのオブジェクトを一意に識別するためにOID(Object IDentifier:オブジェクト識別子)と呼ばれる番号があります。OIDは、サブ識別子と呼ばれる整数の配列で表記されます。すべてのMIBオブジェクトは、「iso.org.dod.internetオブジェクトグループ」の配下に配置されます。例えば、MIB-II のipグループ(オブジェクト)のipDefaultTTLオブジェクト(IPヘッダ内のTTLに設定される既定値)のOIDは、{1.3.6.1.2.1.4.2 }と記述されます。




【最近の投稿記事】



技術情報
SNMP |  Windowsサービス |  コンパネと管理ツール |  バッチファイル | 
Vista UAC無効化 |  Windows 7 UAC |  .NET Framework |  Webブラウザのリサイズ | 
SQL Server Express 管理 |  ダウンロードファイルのブロック解除 |  Windows Server サポート終了日 | 
Windows 8 フォト→ペイント |  Excelスクロールがおかしい !? |  ダウンロードフォルダ変更

コラム
プログラマ |  資格の王様 |  迷惑メール |  メール消失 |  情処の変遷 |  Webユーザビリティ