MIBの階層 - SNMPシリーズ

SNMP : 2009.10.15 Thursday

MIBの階層

MIBは 複数のオブジェクトで構成され、それぞれのオブジェクトは OID で一意に識別されます。また、オブジェクトは「iso.org.dod.internetオブジェクトグループ」の配下に階層的に定義されていて、一般的には「MIBツリー」と呼ばれています。

MIBの階層

MIB-IIグループ

MIB-IIは RFC1213で定義された MIBの一種です。
MIB-IIは「mib-2」({1.3.6.1.2.1})という名称で、MIBツリーinternetオブジェクト・mgmtオブジェクトの下にあります。
MIB-IIオブジェクトで、プロトコルごとの設定情報・統計情報が監視できます。

オブジェクト名(OID) 説 明
system (1) システムに関する全体的な情報を格納するオブジェクト。SNMPエージェントが動作する機器の識別情報や、初期化後の経過時間など。
interfaces (2) システムとサブネットワーク間の各インターフェイスに関する情報を格納するオブジェクト。物理アドレスなどの静的な情報と、フレーム送受信オクテット数などの統計情報など。
at (3) ネットワークアドレスから物理アドレスへの変換テーブル情報を格納するオブジェクト。MIB-IIでは、非推奨(deprecated)のオブジェクトです。
ip (4) IP(Internet Protocol)の実装や動作状況に関する情報を格納するオブジェクト。
icmp (5) ICMP(Internet Control Message Protocol)の実装や動作状況に関する情報を格納するオブジェクト。
tcp (6) TCP(Transmission Control Protocol)の実装や動作状況に関する情報を格納するオブジェクト。
udp (7)UDP(User Datagram Protocol)の実装や動作状況に関する情報を格納するオブジェクト。
egp (8)EGP(Exterior Gateway Protocol:ネットワーク間のルーティングに使用するリンクステート型プロトコル)の実装や動作状況に関する情報を格納するオブジェクト。
transmission (10)システムの各インターフェイスについての情報(伝送方式、アクセスプロトコルなど)を格納するオブジェクト。
snmp (11)SNMP(Simple Network Management Protocol)の実装や動作状況に関する情報を格納するオブジェクト。SNMPメッセージ統計、取得したMIBオブジェクト数、送信SNMP Trap数など。
rmon (16)MIB-IIよりも詳細かつ統計的な情報を格納するRMON(Remote Network Monitoring:リモートネットワークモニタリング)情報を格納するオブジェクト。

RMONとRMON2

RMON(Remote Network Monitoring:リモートネットワークモニタリング)は RFC1757で定義された MIBです。
RMONオブジェクトには、ネットワークの帯域使用率などの統計的な情報や、履歴情報が格納されます。
RMONオブジェクト情報収集で、ネットワークごとの負荷状態や設定情報が監視できます。

RMON2(Remote Network Monitoring version 2:リモートネットワーク
モニタリング・バージョン2)は、RFC2021で定義された MIBです。
RMONでは、MACアドレスレベルでしか情報収集・監視できませんが、RMON2では、IPアドレスレベルで情報収集・監視することができます。
RMON2は、RMONのすべてのオブジェクトを含み、10のオブジェクトを追加しています。

オブジェクト名(OID) 説 明
RMON/RMON2 共通
stastistics (1)SNMPエージェント(RMONプローブ)が監視しているサブネットワークの帯域使用率やエラー統計などを格納するオブジェクト。
history (2)一定期間ごとの統計サンプルを記録するオブジェクト。
alarm (3)SNMPエージェントによって記録されるカウンタ・整数値に対して、サンプリング間隔、アラーム、しきい値を設定するためのオブジェクト。
host (4)サブネットワークに接続されているコンピュータ、ネットワーク接続機器などのホストごとの統計情報を格納するオブジェクト。
hostTopN (5)hostテーブル内の上位を占めるホスト統計情報を格納するオブジェクト。
matrix (6)任意の2ホスト間におけるエラーや使用率などの情報を格納するオブジェクト。
filter (7)あるフィルタに適合するパケットをモニタリングするためのオブジェクト。
capture (8)モニタリング装置がどのようにパケットを取り込むかなどを設定するオブジェクト。
event (9)SNMPエージェントによって生成されるイベント情報を制御するオブジェクト。
RMON2 のみ
protocolDir (11)SNMPエージェント(RMONプローブ)で監視できるプロトコルのリストを格納するオブジェクト。
protocolDist (12)プロトコルの分布(送信サイズ、パケット数、使用帯域幅など)を格納するオブジェクト。
addressMap (13)IPアドレスとMACアドレスのマッピングを格納するオブジェクト。
nlHost (14)OSI参照モデルのネットワーク層レベルでのホスト情報を格納するオブジェクト。
nlMatrix (15)OSI参照モデルのネットワーク層レベルでの送信元ホスト−送信先ホスト間の情報を格納するオブジェクト。
alHost (16)OSI参照モデルのアプリケーション層レベルでのホスト情報を格納するオブジェクト。
alMatrix (17)OSI参照モデルのアプリケーション層レベルでの送信元ホスト−送信先ホスト間の情報を格納するオブジェクト。
usrHistory (18)alarm(3)オブジェクトとhistory(2)オブジェクトを結合して、ユーザ固有の履歴を提供するオブジェクト。
probeConfig (19)SNMPエージェント(RMONプローブ)の各種操作パラメータを設定するためのオブジェクト。
rmonConformance (20)RMON2 MIBに準拠するための要件を示すオブジェクト。



【最近の投稿記事】



技術情報
SNMP |  Windowsサービス |  コンパネと管理ツール |  バッチファイル | 
Vista UAC無効化 |  Windows 7 UAC |  .NET Framework |  Webブラウザのリサイズ | 
SQL Server Express 管理 |  ダウンロードファイルのブロック解除 |  Windows Server サポート終了日 | 
Windows 8 フォト→ペイント |  Excelスクロールがおかしい !? |  ダウンロードフォルダ変更

コラム
プログラマ |  資格の王様 |  迷惑メール |  メール消失 |  情処の変遷 |  Webユーザビリティ