Edgeで HTTP 408 エラーが発生すると 面白いメッセージが表示される

Webサイトユーザビリティ : 2017.09.22 Friday
インターネット上のWebサイトは星の数ほどありますが、最近のWebサイトでは 高トラフィックでも落ちたりしなくなったので お見掛けする機会が減った「HTTP 408エラー」。

つい最近、某ヨーグルトメーカーのリニューアルしたサイトにアクセスしようとしたら...長時間ぐるぐるしたあとに HTTP408エラーが発生しました。
HTTP 408 Error
『情報ハイウェイで渋滞が発生しています』って 面白いエラーメッセージですね。

HTTPプロトコルは IETFのRFCで定義されていて、HTTPプロトコルに準拠した Webサーバーは 何かが発生すると HTTPステータスコードを返却します。その HTTPステータスコードの 400番台はクライアントエラーで「400 Bad Request」「401 Unauthorized」「403 Forbidden」「404 Not Found」 は有名なのですが それ以外はめったにお目にかかる機会がないんですよね。

そして今回のエラー「HTTP 408」は Request Timeoutというエラー。決められた時間内ですべての要求をサーバーが生成できなかったため、サーバーがトランザクションを切断したという意味です。

HTTP 408とHTTP 409は判別が難しいので Microsoft Edgeは同じメッセージを表示するみたいですね。「HTTP 409」は Conflictというエラー。 要求が別の要求と競合したか、あるいはサーバの設定と矛盾していることを示すエラーです。

高トラフィックで Webサーバーが落ちて クライアントのEdgeがぐるぐる廻ってエラーになったときに、ネットワークプロトコルのことが頭に浮かぶのは職業病でしょうか...。自分が管理するWebサーバーじゃなくって良かった。


【最近の投稿記事】



技術情報
SNMP |  Windowsサービス |  コンパネと管理ツール |  バッチファイル | 
Vista UAC無効化 |  Windows 7 UAC |  .NET Framework |  Webブラウザのリサイズ | 
SQL Server Express 管理 |  ダウンロードファイルのブロック解除 |  Windows Server サポート終了日 | 
Windows 8 フォト→ペイント |  Excelスクロールがおかしい !? |  ダウンロードフォルダ変更

コラム
プログラマ |  資格の王様 |  迷惑メール |  メール消失 |  情処の変遷 |  Webユーザビリティ